【2021年から積み立てた損益は?】SBI・全世界株式インデックス・ファンド『愛称 : 雪だるま(全世界株式)』

保有しているファンドを、ご紹介するシリーズです。

現在は約800万円を複数の投資信託で運用しています。(↓この記事の時より少し増えました。)

運用金額1,000万円?!次の目標は?【米国ETFとインデックスファンドをメインに】

SBI・全世界株式インデックス・ファンド『愛称 : 雪だるま(全世界株式)』

ファンドの特色

マザーファンド受益証券への投資を通じて、実質的に日本を含む世界の株式へ投資を行い、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)の動きに連動する投資成果を目指して運用を行う。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド『愛称 : 雪だるま(全世界株式)』
モーニングスターHP

概要

モーニングスターレート★★★
信託報酬率(税込)0.18%
トータルリターン:1年48.48%
トータルリターン:3年(年率)17.70%
トータルリターン:5年(年率)未設定
SBI・全世界株式インデックス・ファンド『愛称 : 雪だるま(全世界株式)』
モーニングスターHP

SBI『雪だるま』シリーズには、こういった願いが込められているんですね。

このファンドの現在のレーティングは3となっていますが…純資産総額も増えていますので、今後も期待したいところです。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスファンドとの違い

信託報酬が低く、新興国市場の株式を幅広く取り入れているファンドとして、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックスファンド」があります。組入れ上位国1位が中国というのも、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」と同じです。

どちらのファンドも台湾、ブラジル、インドが上位に入っていますが、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックスファンド」は韓国も上位に組入れているのに対し、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」は韓国の株式を入れていません。

この違いがひとつのポイントです。

保有状況

現在の評価損益です。

2021年11月20日時点の損益

保有口数:170,075

取得金額:¥ 210,004

評価額:¥ 218,035

評価損益:+ ¥ 8,031

評価損益率:+ 3.8%

2021年に入ってから積み立てを始めましたが、現在はいったん積み立てを止めています。2021年はレンジ相場が続いており、現時点ではプラスとなっています。来年のNISA枠で積み立てを再開するつもりです。

なぜこのファンドを購入したか?

アクティブファンドをいくつか持っているのですが、コスト面が気になるようになりました。インデックスファンドへ移行しつつあるのですが、先進国株や米国株だけでなく、新興国も入れておきたいと考えました。投資先の分散が、安心感につながっていると感じています。

先ほどのeMAXIS Slim 新興国株式インデックスではなく、こちらを選んだ理由は、インド株の組入れ比率が高かったからです。これは全く個人的な嗜好ですが、インドへの期待が高いのです。

【新生・UTIインドファンド運用成績】アクティブファンド/2018年から保有

たぱぞうさんのYouTubeチャンネルでも、おすすめの世界株インデックスファンドのひとつとして、このファンドが紹介されていました。(eMAXIS Slim 新興国株式インデックスも出てきましたよ。)

関連記事

他にも保有ファンドについて書いています。

【全売却で損切り】深セン・イノベーション株式ファンド(1年決算型)【2021年】 【eMAXIS Neo ナノテクノロジー運用成績】インデックスファンド/2020年より積立 【世界インパクト投資ファンド『愛称 : Better World』】保有5年の運用成績 【次世代通信関連 世界株式戦略ファンド『愛称 : THE 5G』】コロナショック後に1年積み立てた運用成績 【まとめ】『資産運用』関連記事

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA