6歳からスタート!そろばん教室に通ってます

小学1年生。長男の習い事事情

今年4月に小学生になった我が家の長男。

実は保育園時代から習い事をしています。

  • ピアノ
  • スイミング
  • そろばん

オンライン生活始めました〜なんて言ってるブログを書いてますが…

子どもの習い事はアナログ派です!(きっぱり)

デジタル機器は、どんなに避けようとしても、この先なんらかの形で絶対使いますからね。

使い方は自然と覚えていくと思うんですよね。

小さいうちに習い事で身に付けさせたいのは

  • 集中力
  • 継続力
  • 体力

と考えています。

なぜ習い事をさせるか

スイミング

私自身、「子どもの頃にもっと運動しておけばよかった〜」という思いがあるので、

なにはともあれスイミングをやらせようと思いました。

小さい頃から体をよく動かしてる子は

その後どんなスポーツもすぐにコツを掴んでる気がします。

体力然り、運動神経然り。

スポーツで得られるセンスは、大人になっても財産になると思ってます。

ピアノ

ピアノは私も小学校に入る前から中学1年生まで習っていました。

コロナ禍によっておうち時間が増えたことで、練習を再開しました。

自分で楽しむ程度には充分、一生続けられる趣味です。

子どもたちにも、音楽を楽しんで欲しいと思って始めました。

あとは、毎日少しでも練習するという習慣をつけたかったんですね。

長男は2年以上ヤマハに通っています。

正直、本人がやりたがったわけではないです。

特に好きなわけでもないから、毎日、練習のためにピアノに向かわせるのも一苦労。

最近、小学生になってようやく、自分から練習しようという姿勢が見られるようになりました(笑)

小さい頃に始めたから、「なんだかわからないけど、気づいたらやってた」という感じで、

早めに始めたのは、ある意味正解だったかも。

新しい曲も自ら挑戦し、苦手な部分は繰り返し練習しています。

【関連記事】

【ヤマハ音楽教室】子どもが自ら進んで練習するようになった習慣3つ

そろばん

長男は、小さい頃から数字が好きだな〜と感じることが多かったです。

100まで数える、時計を読む、2桁の足し算など、面白がってやっていました。

なので、そろばんやったらいいかも。と思ったのです。

私自身は小学校3年生からそろばん教室に通ったのですが

あまり役に立った気がしません

小学校で習ったひっ算が頭に先行してしまうし、暗算も全然上達しませんでした。

だから、そろばんも小さいうちから習った方が良いと思いました。

長男は習い事の中でそろばんが一番好きなようです。

そろばん教室に9ヶ月通った結果:9級に合格!

長男は保育園年長クラスの8月、6歳の時にそろばんを始めました。

そろばんの授業中、わたしも隣に座って様子を見ていました。

先生の教え方を見て、「そうやって教えればいいのか〜」という発見もありました。

問題が解けなくて悔し泣きをし、全然手がつかなくなってしまった日もありましたが

教室が終わればケロッとして、次の週は気持ちを切り替えて参加しました。

週1回しか通っていないので、自宅でも練習問題をやるようにしました。

無理矢理やらせて、「もうやりたくない」となるのは一番避けたかったので、

必ず毎日ではなくて、「今日はできそうかな〜機嫌いいかな〜」という時を狙って

そろばんを差し出しました(笑)

本人の日々の努力、先生方のサポートのおかげで

教室に通い始めて9ヶ月目、9級に合格できました。

もっと早くに合格できたよ〜という子も全然いると思いますが、うちの子は9ヶ月目でした。

9級の問題にはかけ算が含まれるので、保育園時代に九九を覚えたことになります。

この調子で1年生のうちにどんどん級を進んでいってもらいたいです。

本人は、習い事の中でそろばんが一番お気に入りのようです。

※8月3日追記

7月の検定試験で、8級に合格しました↑

【小学1年生】そろばん8級に合格!合格までにやった練習は?

おまけ

ちなみに下の子は

  • ピアノ
  • 英語
  • 新体操
  • スイミング

を習っています。

2人分の送り迎えと宿題のサポートが大変ってことを言いたいんですが、

今の年齢にやるのが大事と思って、頑張って付き合ってます。

【子どもの習い事】そろばん教室の保護者面談に行ってきた話

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA