【1ドル142円!?】進む円安で更に深まる後悔…外貨建て個人年金の解約返戻金

解約してしまった外貨建て個人年金保険

2016年から約6年間積み立てた外貨建て個人年金保険を、今年解約しました。今年の円安相場での解約で、返戻金どうなったか、これまで2つの記事に書いています。

1.2022年4月

外貨建て個人年金保険(貯蓄型保険)を解約【円安で予想以上の返戻金】https://www.clearleaf51965.online/archives/4618

外貨建て個人年金保険(貯蓄型保険)を解約【円安で予想以上の返戻金】

2. 2022年6月

【円安加速で後悔】あの時解約しなければ…!外貨建て個人年金の解約返戻金https://www.clearleaf51965.online/archives/4692

【円安加速で後悔】あの時解約しなければ…!外貨建て個人年金の解約返戻金

解約時(2022年4月)のレートは128円、その2ヶ月後の6月には134円まで円安が進み、「もう少し待っていればな〜」という記事を書いたところだったのですが…

止まらない円安

9月6日時点で、ついに1ドル=142円まできてしまいました…!

【悲しみ】現時点のレートで解約返戻金を皮算用してみる

6月の記事で、「もし今のレートになるまで待って解約していたら」という悲しい皮算用をして見ました。今回、1ドル140円を超えてしまったので、改めて計算してみます。

返戻金(円)を皮算用してみる

積立総額(円):214万円

積立総額(米ドル):17,463.73ドル

解約返戻金(米ドル):15,001.34ドル

実際の解約返戻金:1,924,222円(1ドル=128.27)

現在のレートを適用した場合の解約返戻金:2,141,291円(1ドル=142.74)

実際の解約時との差は約21万円。しかも、積立元本214万円を超えています…!

なんてこったい!

積み立てていた間の6年間はずっと元本割れしていて、一体いつになったらプラスになるのか…と不安だったのに、解約してたった数ヶ月でプラスに転じていたかもしれないなんて…!

どう考えても、タイミング悪すぎ…

長期で保有し続ければ良かっただけの話

実はこの保険に加入した際、当時相談していたFPさんからは「将来的に1ドル300円になる時代が来る。ドルの金利で積み立てて、円安となれば更に大きなリターンが見込める」と聞かされていました。

営業トークですし、1ドル300円は言い過ぎだろうとは思ったのですが、日本の労働人口が減り続けることを考えると、円安傾向になることには現実味を感じたので加入しました。子供の教育費の備えとして紹介されたので、長期で積み立てることについては私自身も納得していたつもりでした。

ただ、ずっと元本割れの状況が続いていたのが、やはり不安だったのです。10年や15年の長期積立って実際にやり切った経験があるわけではないし、最終的に良い結果につながると信じていても、その道中では、どうしたって不安になるときもあります。

しかも!

投資信託に関しては、このFPさんに紹介されたものは全てコストの高いアクティブファンドで、現在は右肩下がりの状態が続いているものばかり。インデックスファンドのメリットを知ってからそれら全てのアクティブファンドは売却したものの、そのFPさんに不信感を持ってしまいました。

FPさんなら手数料の高いアクティブファンドを勧めるということも

今ならわかるのですが…

毎月の積立金もかかるし元本割れしているなら、解約して返戻金をインデックスファンドに回すことにしたのです。

しかし、積立だけやめて放置しておけば、この数ヶ月で20万円も増えた可能性があったというわけです…

なんてこったい!(2回目)

教訓!

これは、これからもインデックス投資を続ける自分への戒めです。

とにかく、長期投資と思って始めたら途中でやめない!優良な投資先なら、15年後には絶対大丈夫!気にしすぎないためにも、他のことに没頭して積み立ててることは忘れてしまった方がいい!元本割れしていたら不安になるから見ないように!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA