【小学2年生】そろばん6級合格!暗算もがんばってます

2年生の夏休みにそろばん6級に合格

小学2年生の息子、8月末の検定試験で、そろばん6級に合格できました。

小2男子
(お調子者)
小2男子 (お調子者)

うふふ。僕、受かっちゃった〜

2月に7級に合格してから、ちょうど半年で6級合格となりました。

週2日通うのが効果的

2年生になってからは、週2日通うようにしました。送迎する親も大変、本人ももちろん大変なのですが、効果はあったと感じています。

以前は「週1回通って家でも練習すればいい」と考えていたのですが、やはり教室と家では雰囲気が違って集中力も変わるのでしょうか。週2回通うようになってから上達スピードが上がった気がします。先生や友達とのやりとりで、適度にリラックスできるのも良いのかもしれません。それでも、7級から6級合格まで半年かかったわけですが…。

苦手分野の克服は?

見取り算に苦戦

掛け算、割り算、見取り算とある中で、息子が一番苦戦していたのは見取り算でした。

小2男子
小2男子

割り算が一番得意!

検定試験ではかけ算、わり算、見取り算の順に行われるので、本人曰く、最後に見取り算をやる頃には疲れてしまっているとのことでした。たしかに、長時間、集中し続けるのは大人でも疲れるしね…とはいえ、どうにか克服しないことには次へは進めません。

とにかく反復練習

7級の時も「見取り算だけ合格点に及ばず」という状況で、見取り算だけ集中的に練習し、なんとか合格できました。

そろばん7級に合格!つまづきポイントはどこ?

6級の検定試験に向けて、再び家で見取り算を繰り返し練習するようにしました。既に苦手意識があるので、なかなか気が進まないことが多かったのですが、なんとか励ましつつ、毎日少しでも練習するようにしました。

検定合格は自信になる

今まで以上に練習をがんばり、検定ではいつもより高得点で合格することができました。

検定合格は間違いなく、本人の自信になります。私と夫も、あれやこれやと励ましながら練習に付き合ったりしたので、合格してくれてとても嬉しいのですが、一番嬉しいのは本人ですね。がんばった分の結果を手にし、安堵と自信の表情が表れていました。

教室に通うのを渋る日もありましたが、自信を得た今、また週2回通うのもまんざらではなさそうです。

小2男子
(お調子者)
小2男子 (お調子者)

週2回でも大丈夫だよ〜

合格したらすぐに5級の練習が始まり、その難しさに早速打ちひしがれていました。検定直後は少しのんびりさせてあげてもいいかなと思い、まだ何も口出ししていません。これからまた練習を繰り返し、それを積み重ねることを大事にしたいと思います。

暗算は順調

6級からは暗算も始まる

6級からは暗算の検定試験も始まります。意外なことに(?)、暗算には自信があるようです。6級の暗算検定は1回で合格できていました。

暗算の6級、5級は問題数も少なく、難易度もまだあまり高くないようなので、5級もトントンと進めるといいなと思います。

6級 暗算検定試験内容

・かけ算 2桁×1桁 10問

・わり算 3桁÷1桁 10問

・見取り算 2桁3項のたし算 5問

※いずれも制限時間は1分30秒

関連記事

【小学1年生】そろばん8級に合格!合格までにやった練習は?

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA