【ヤマハ音楽教室】子どもが自ら進んで練習するようになった習慣3つ

3歳からヤマハに通っている長男

指先を使うのは脳に良い刺激があること、私自身子どもの頃ヤマハに通っていて今も趣味でピアノを弾く楽しみがあるという理由から、子どもにもぜひピアノを習って欲しいと思っていました。

長男はNHKの子ども向けのテレビ番組にはあまり興味を示さず、音楽が好きな様子も感じられませんでしたが、小学1年生になった今では、ピアノに毎日触れることがすっかり習慣となりました。

1年生になってヤマハのクラスも進級したことで「お兄さんになった」という自覚が芽生えたのもきっかけかと思いますが、自ら練習する習慣ができるまで、心がけていたことをまとめます。

自分から進んで練習するようになるまでの道のり

できるだけ毎日、数分でも練習する

あんど馬
あんど馬

ピアノといっても、うちのは電子ピアノなんですが。

幼児科1年目(4歳児クラス)で「ド・ド・ド」を繰り返すだけの曲がありました。

これなら練習しなくても弾けそう!

…なんですが。

この簡単な曲の時だからこそ、毎日続ける習慣をつけようと思いました。保育園から帰ってきてバタバタだけど、「ド・ド・ド」だけなので、なんとか弾く時間を捻出できたと思います。

どうしても時間がない時、どうしても本人がやりたがらない時は無理はせず諦めました。無理強いして、本人がやる気を無くすのが一番良くないと思ったのです。4歳児のご機嫌をなんとかとりつつ、ほぼ毎日練習するようにしました。

さりげなく練習曲を鼻歌で歌う

保育園から帰る途中で歌ったりして、一緒に楽しみました。普段の生活の中で、当たり前のように練習曲があるという環境にするようにしました。いずれ自分から練習するためには、「やらされてる」という気持ちはなくしておかないといけないと思ったんですね。これも効果があったと思います。

「できる!」と自信を持つこと

ピアノに限らず、これが一番難しいけど一番大事なことかもしれません。

我が家の場合は、「多少間違えても、全体でうまくできたら褒める」ことを続けました。

私自身、1音間違える度に叱られた経験があるのですが、それってやりすぎじゃない??と思ってました。なので、息子に対しては、楽譜と違う弾き方をしていたりしても「こうした方がいいよ」と言うくらいにしておきました。本人も間違えたという自覚がある上に改めて指摘されると「わかってる!」とヘソを曲げたりするので。。。

そんな時もやはり無理強いはせず、「1回寝て明日またやれば、もっと上手になってるよ」と伝えて翌日気持ちを切り替えて練習。翌日には本当に弾けるようになることが多かったです。この経験を繰り返すことで、本人も「やればできる」という自信がついていったように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA