コロナショック後に10ヶ月積立投資した結果

2020年2月頃、新型コロナウイルスの世界的パンデミックがきっかけで起きた「コロナショック」。世界的な株価暴落が起こりました。しかしその後、株価は急速に回復してきました。

この様子を見て2020年8月頃から投資信託の積み立て再開したところ、10ヶ月で100万円以上の含み益となりました。

コロナショック前から保有している投資信託

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイネクスト

数年前、ファイナンシャルプランナーの方に勧められて購入したのが、日本の中小型株に投資する投資信託、「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイネクスト」

【SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト(年2回決算型)】運用実績/ 2021.7.10時点

投資信託であれば分散投資が叶うし、成長が見込める商品であれば長期で持っていられる、ということでした。自分でゼロから調べて投資先を選ぶなんてとても出来そうになかったので、勧められるまま購入したファンドですが、パフォーマンス良好で持ち続けています。

パニック売り回避

コロナショックで全世界が株安になったとき、この投資信託も同じく大きく下げましたが、その後の株価の回復と共に持ち直してきました。

コロナショック時、私は仕事が忙しすぎて保有商品の価格を確認する余裕がなかったのですが、それが正解でした。毎日下がり続ける価格を見ていたら、気が気ではなって、思わず手放してしまったかもしれません。

現在に至るまでのパフォーマンスを見れば、「パニック売りはよくない」ということを身を持って経験できた出来事です。

資産運用6年目突入!試行錯誤した結果のマイルール

その他の保有投信も回復

インドが好きなので、「新生・UTIインドファンド」も少額ながらコロナショックから持ち続けています。コロナショック後に上がり始めたので、買い増しました。

【新生・UTIインドファンド運用成績】アクティブファンド/2018年から保有

他にも持っていたいくつかの投信も、軒並み回復していきました。保有しているいくつかの投信について、運用成績をまとめています↓↓

【まとめ】『資産運用』関連記事

コロナショック後の2020年8月に投資増額を本格化

コロナショックで株価が暴落してからも、4月、5月の緊急事態宣言での生活面の変化などあり、資産運用についてほとんど忘れていました。NISA枠があるから使わないとな、ということくらいは覚えていた程度。6月は感染者数も減り、どうやら株価も戻ってきているようだというところから、そろそろ投資を再開しようと考えました。

eMAXIS Neoを知る

保有している投信会社、NISA枠を使おうと思って何か新しい商品はないかなと探していたところ、eMAXIS Neoシリーズを知りました。

eMAXIS Neoは、自動運転やバーチャルリアリティーなど、それぞれのテーマに特化した投資信託に、低コストで運用できるインデックスファンドシリーズです。

インデックスファンドは一般的にコストが低いことが魅力ですが、個人的には、動きが緩やかなのがもの足りない感じていて、アクティブファンドばかり購入していました。

でもこのeMAXIS Neoはテーマ型というところが少しアクティブファンドぽいし、コストも低い。それぞれのテーマも面白いから、これを積み立ててみることにしました。

私が購入したのは以下の3つです。

  • ナノテクノロジー
  • 遺伝子工学
  • ウェアラブル

はじめはウェアラブルのパフォーマンスが良かったけど、私が保有し始めてから今までのトータルではナノテクノロジーが一番良いです。

【eMAXIS Neo ナノテクノロジー運用成績】インデックスファンド/2020年より積立

遺伝子工学、もう少しいくかと期待していましたが、あまり上がりませんでした。自動運転やバーチャルリアリティば爆上げしましたよね。

夫婦2人分のNISA枠を使い切る

eMAXIS Neoの存在感が大きかったので今回少し書きましたが、新興国株中心のインデックスファンドなど、他にもいくつか投資信託ばかり購入して、2020年の夫婦2人分のNISA枠を使い切りました。

もちろん、夫は夫の口座で運用していますが、内訳は2人で相談しています。そして2021年6月現在、2人とも2021年のNISA枠もほぼ使い切っています。

運用益はプラス100万円以上!

証券口座を確認したら、運用益合計で100万円を超えていました。コロナショック前から保有していた分もありますが、ほとんどはコロナショック後の2020年8月からの積み立てによるものです。

もちろんマイナスになっているものもありますが、いろんな投信を買っているのでトータルでは大きなプラスになっています。

これからはインデックスの比率を増やしたい

今後、これほどまでにわかりやすくプラスになることは期待しない方が良いだろうと思っています。プラスが出たのはあくまで結果論。低コストのインデックスファンドの比重を高めていくつもりです。

【関連記事】

2人の子どもの教育費のため、ジュニアNISAもはじめました!

ジュニアNISAで教育資金準備!選んだ銘柄とこれまでの運用成績は?

2021年11月、運用金額が1,000万円を超えました。

運用金額1,000万円?!次の目標は?【米国ETFとインデックスファンドをメインに】

PVアクセスランキング にほんブログ村

バーチャルリアリティ、一度はやってみたい…↓

Oculus Quest 2―完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット―64GB

新品価格
¥36,808から
(2021/8/2 12:54時点)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA